ロゴ
HOME>特集>所有している不動産を売りたいときは買取を行うプロの元へ

所有している不動産を売りたいときは買取を行うプロの元へ

住宅模型

不動産買取の実績が多いところが安心

不要になったマンションや戸建てを手放すときにはどのようにしたら良いのでしょうか。実は不動産を売る方法には2つあるのです。一つ目は仲介という方法です。仲介というのは売りたい不動産の情報を不動産業者に依頼して広告を流してもらい、買主が見つかるまで待つ方法です。買主が見つかったら売買成立になる、一般的な方法です。もう一つは買取という方法です。買取は仲介と違い買取業者に直接買い取ってもらう方法です。この方法を採る場合には、出来るだけその売る不動産の近所の業者に依頼した方が良いでしょう。なぜならばその地域に精通している業者のほうが、適切な値段で買い取ってくれる可能性が高いからです。買取を希望する場合にはプロの業者を探して依頼してみましょう。

積み木

仲介よりも買取で手放す方が良い理由

不動産には仲介と買取の二つの方法がありますが、買取を選ぶメリットは何なのでしょうか。それはいくつかあります。まずは、すぐに現金化したいときには大変便利だという事です。仲介の場合ですと買主が現れるまで待たなくてはなりません。しかし買取は専門の不動産業者が、直接買い取ってくれますので、時間が全くかかりません。売り急いでいるときにはぴったりなのです。もうひとつは内覧が必要ないという事です。仲介の場合には希望者の内覧が必要です。それが必要なくなるのです。それ以外にも近所に不動産を売ることを知られたくない場合にも便利です。仲介の場合ですと広告に不動産の情報が流れてしまいますが、買取の場合にはありません。