ミノキシジルはフィンペシアと併用で効果増々!

ミノキシジルはフィンペシアと併用で効果増々!

豊富な種類の薬
血管拡張・血流増加作用のあるミノキシジルですが、AGA治療をおこなう際には、フィンペシアとの併用がオススメです。

通常人の毛髪は成長期→退行期→休止期といった順番で、成長して頭皮から抜けていきます。
これをヘアサイクルと言います。

AGAは、体内にある酵素「5αリダクターゼ」と男性ホルモン「テストステロン」が、結びつくことによって生成される「ジヒドロテストステロン」によって引き起こされます。
生成されたジヒドロテストステロンは、毛乳頭にある男性ホルモン受容体と結合し、成長期にある毛髪へと退行期・休止期へと移行するよう命令を出します。
そうすることで、成長期が短くなったり、退行期・休止期にとどまる毛髪が増えたりして、抜け毛や薄毛が増えるのです。

そのジヒドロテストステロンの生成を防ぐのがフィンペシア。
フィンペシアの有効成分フィナステリドは、ジヒドロテストステロンを生成する成分の1つである5αリダクターゼに働きかけます。
すると、5αリダクターゼはテストステロンと結びつかず、ジヒドロテストステロンが生成あれず、ヘアサイクルを元の状態へと戻せます。
フィンペシアでは、AGAの根本的治療が可能なのです。

フィンペシアによってヘアサイクルを整えている間に活躍するのがミノキシジル。
ミノキシジルは、休止期から成長期へ移行する毛髪と、成長期の毛髪へと作用します。
ヘアサイクルの乱れが整うということは、それだけ成長期へととどまる毛髪も増えるということ。
ミノキシジルが作用できる期間も長くなるため、1本1本の毛髪へと長く栄養を送れ、その間に毛髪は丈夫な毛へと成長していくのです。

フィンペシアでAGAを根本的に治療し、ミノキシジルで毛髪を育てることで、より効率的かつ効果的にAGA治療が行えるのです。